天然水とRO水の2つに分けることができます。

賞味期限はあるの?

水の賞味期限

どのくらい持つ?

ウォーターサーバーは冷水や温水をすぐに使うことができるため料理やミルク作りなどに大活躍です。お茶やコーヒーをよく飲む方からも高い評価を受けています。基本的に毎日使用するものですので比較的すぐにボトルを使い切るかと思います。しかし、冬場などはどうしても水分摂取量が少なくなってしまうため飲みきれなくなったということもあるでしょう。そこで気になってくるのが賞味期限はあるのかということ。

ウォーターサーバーにも食品などと同じように賞味期限が設定されています。そのため、水の大売り出しなどをしているときに大量に注文してしまうと場合によっては飲む時にはすでに賞味期限が切れていたということも十分考えられるわけです。ウォーターサーバーで使用されている水の賞味期限はどれくらいなのかというと水の種類や保存状態などによって随分と異なってくるので一概に「保存期限はこれくらい」とはいえないのが実際のところです。しかしいずれにしても共通しているのは手元に届いたらできるだけ早い段階でのみ切るようにしたいということ。特にミネラルが豊富なミネラルウォーターは鮮度が大事です。天然水を取り扱っているものだと鮮度が命!なものも多いのでチェックしてみましょう。

効果的なウォーターサーバー

※このランキングは、各社の公開情報を基にした当サイト独自の基準によるランキングです。

天然水とRO水

賞味期限の違い

ウォーターサーバーの種類を大きく分けると天然水とRO水の2つに分けることができます。賞味期限が長いのはRO水で、比較的短いのが天然水だと大まかに覚えていきましょう。どうして天然水の方が賞味期限が短いのかというと、含まれているミネラルなどによる影響が大きいからなんです。ウォーターサーバーで販売されている水というのはボトルに封入されており、空気に触れないように作られているものも多いのですが、そもそも水の中に少なからず酸素などの空気だ溶け込んでいるわけですのでそのままほうっておいても品質が劣化してしまいます。特に硬度の高い硬水のミネラルウォーターの場合は軟水のものと比較してみても味の劣化が早いです。

一方のRO水ですが、こちらは特殊なフィルタを通すことによって雑菌やゴミ、環境汚染物質、さらにはミネラルをも取り除いている限りなく水の状態であるピュアウォーターとなっています。そのためミネラルウォーターのように独特の甘さなどはありませんが、純粋な水として飲み口はすっきりとしています。余計なものがほぼ含まれていないため賞味期限もかなり長め。天然水の場合は未開封のもので2週間から1ヶ月程度のものが多く、RO水は長いものだと未開封で賞味期限が1年以上のものもあります。

災害時に使える?

備えとして保管できるか?

このようにウォーターサーバーには賞味期限が設定されていますが、硬度が高いミネラルウォーターであったとしても1週間から2週間は最低でも賞味期限があります。つまり、万が一水が出ないような状況に陥ってしまったとしても1週間から2週間は保存することができると考えられます。特にRO水の場合だと未開封なら1年近くもつものも多いためここぞというときの備蓄水として頼りになります。実際に東日本大震災が起こった時にウォーターサーバーを導入していた家庭は水に困らなかったという声も多いです。確かに、災害が起こったときなどは水道水が出ないことも珍しくなく、飲み水を確保すること自体が難しい場合も十分考えられます。

とはいえ、ウォーターサーバーのボトルを備蓄水として保存し続けておくのは少し大変な部分もあります。特にボトルはスペースをとってしまいますね。家庭によっては機器を設置する場所すら困っているというところもあります。ボトルは基本的に毎月定期的に送られてくるものです。ですので、あえて備蓄水を別で用意するのではなく、少しだけ余裕を持たせて消費していくようにすれば次のボトルが送られてくる直前に万が一のことが起こったとしても対処しやすくなるのではないでしょうか。

こんな記事も人気です!

注目記事 ウォーターサーバーはただ飲み水用として利用するだけでなく様々な場面で大活躍してくれるとても便利なアイテムです。活用方法としてはお茶を入れたり、コーヒーを入れたり、ご飯を炊いたり、料理を作ったりといったものが挙げられます。どうしてウォーターサーバーこれらの利用に適しているのかというと、国内で利用されているサーバーのほとんどが「軟水」だからです。軟水というのは硬度が比較的低めで、日本人の口に合いやすいと言われています。お茶やコーヒーを軟水でいれるとうまみを引き出し甘みの強いものにすることができます。

またご飯を炊く時ウォーターサーバーを利用することでよりふっくらと、甘みの強いご飯を炊き上げることができます。軟水は和食との相性が非常に高く、素材の味を活かしたまま美味しい料理を作ることができ、さらに素材を柔らかくする効果もあるので美味しいご飯を作るのに良いですね。このように、飲み水用としても活躍するだけでなく、そのほかにもいろいろな場面で利用することができます。せっかく導入するのならいろいろな使い方をチェックしてより豊かな生活を手に入れていきましょう。

詳細記事へ